簡単に小顔になれる治療法【ボトックス注射の持続時間を調査】

婦人

ボトックス注射の効果

先生

人気のボトックス注射の美容効果とは

普段から顔の大きさにコンプレックスを感じている方も多く、少しでも小顔になるためにもむくみを改善するマッサージをエステサロンで受けたり、美顔器や美顔ローラーでスキンケアを行うようにしている方が増えてきています。余分な脂肪が付いている事で顔が大きく丸く見えてしまう場合も適切なエクササイズを行いダイエットを続ければ自然に顔周りをすっきりさせることは十分に可能です。しかし顔の大きさがむくみや脂肪が原因ではない場合、骨格や筋肉が原因の可能性が高くなりますので自分自身で対処を行うには限度が出てくるため早めに美容整形外科など美容治療をメインとして行う医療機関に相談を行うことをおすすめします。美容整形外科では小顔矯正として様々な治療を行っており、骨格が原因で顔が大きく見えてしまう場合は骨切り術と呼ばれる骨格を手術で切除することで顔をスリムに仕上げる治療を行う場合もありますが、体への負担が大きくリスクが高いため治療を受ける方の多くは良く相談をしてから最終的な治療として選ぶ場合が多いです。頬のエラと呼ばれる部位が張り出していることで顔が大きく見える場合、噛みしめクセが原因となり咬筋と呼ばれる筋肉が過剰に発達してしまうことでフェイスラインの側面が太く見えてしまっている状態には、ボトックス注射による治療が効果的です。ボトックス注射とはボツリヌス菌から抽出されたタンパク質を筋肉に直接注射することによって、一過性の麻痺状態にすることで筋肉を一時的に使いにくくすることが可能です。そうすると咬筋はきちんと機能しなくなるため時間と共に発達して太い状態から、細くすっきりとしたフェイスラインを手に入れることができるため、小顔効果を顕著に実感することが可能となります。初めてボトックス注射を受けるという方は、顔の筋肉を麻痺させてしまうのは少し怖いと感じる場合がありますが、基本的に顔を構成する筋肉は他にも複数あるので顔を動かす場合に問題はおきにくく、食事や会話など日常生活で困る心配はないので気軽に小顔矯正を行えると多くの方に人気が高くなっています。