簡単に小顔になれる治療法【ボトックス注射の持続時間を調査】

婦人

安全性を重視した選び方

鏡を見る人

メーカーにも注目

小顔を目指す方法は複数存在しますが、美容整形外科クリニックで受けられる施術の中で最も手軽な方法といえば、ボトックス注射でしょう。注射器でボトックスを注入するだけで、短期間のうちに大きな効果を得られるというのも魅力ですが、数万円という手頃な料金設定も非常に魅力的だといえます。ボトックスを頬やエラなど、顔の出っ張っている部分に注入することで、筋肉の収縮が抑制されて小顔になります。注入したその日に効果が現れるわけではありませんが、3日から一週間程度で効果が現れ始めて、3ヶ月から半年程度持続するといわれています。人によって効果の現れ方は様々ですが、複数回注入を繰り返すことで筋肉が小顔のままで定着し、元のサイズに戻楽なることもあります。注射器一本分あたり3万円前後で施術が受けられるので、継続的にボトックスを注入し続けましょう。中には、1万円以下という格安料金で施術を引き受けているクリニックも存在します。小顔を目指して複数回施術を受けるのであれば、料金が安いクリニックを選びたくなるものですが、料金と効果は比例している場合が多いです。安いからと施術を受けてみたら全く効果がなかったり、粗悪な薬剤であれば思わぬ副作用が現れることもあるので注意しましょう。ボトックスは元々アラガン社というアメリカの会社が開発したものですが、現在は類似品がたくさん登場しています。大抵どのクリニックも、公式ホームページ内でどこの製品を使用しているか明記しているので、事前に調べてから申し込むと良いでしょう。厚生労働省が認可しているアラガン社製品や、評判の良いイギリス製品やドイツ製品であればまだいいのですが、中国製品や韓国製品に関しては副作用の報告が多く出ています。注入しても効果がなかったとか、そもそも注入時に激しい痛みを感じたという声も少なくないので、多少料金は高くとも安全性を重視して選びましょう。万が一副作用が出ると、顔面が麻痺したり表情筋が固まって笑えなくなったり、話ができなくなるという状態に陥ります。理想的な小顔を手に入れたいのであれば、料金よりもクリニックや医師の評判を重視しましょう。