簡単に小顔になれる治療法【ボトックス注射の持続時間を調査】

婦人

短時間で終わる小顔術

看護師

手軽にできるボトックス注射の流れ

毎日鏡を見て、自分の顔の大きさに悩んでいる方もいることでしょう。この顔のラインがすっきりすれば顔が小さく見えるようになるのではないかと考えている方も多いと思います。そのため、小顔を目指してフェイスラインのマッサージなどを行っていることでしょう。しかし、まったく効果が現れないと嘆いている場合は、ボトックス注射を受けてみましょう。顔が大きい要因として、筋肉が大きく発達していることが関わっているなら、高い効果を発揮することができます。数ヶ月かけてじわじわと効果が現れてくるため、施術を受けたことが周囲の家族や友達にばれにくいです。また、ボトックス注射は痛みも少なく、短時間で施術を受けることもできるので、気軽に小顔を目指すことができますよ。効果は数日から数週間で現れ、半年から1年ほど続きます。同じ箇所に定期的にボトックス注射を行うことで、徐々に小顔効果の持続期間を延ばすこともできます。ボトックス注射に興味が出てきた方は、施術の代表的な手順を確認しておきましょう。まず、医療機関に問い合わせを行います。不安な点や心配なことがあれば、聞いてみましょう。そして予約を取ります。病院によっては完全予約制の所もありますので、注意して下さい。予約当日になれば、クリニックに行きます。問診票の記入やメイクを落とす時間などがありますので、余裕を持っておとずれましょう。続いて医師とのカウンセリングです。どこに悩みがあるのか、どんな仕上がりを目指したいのか伝えましょう。自分の理想とする小顔になるよう、顔の様子を確認しながら、どの部位に施術するのか決めていきます。アウターケアについても確認することが大切です。もし服用している薬があれば、事前に申告しておきましょう。次に、いよいよボトックス注射をします。痛みに不安のある方は麻酔などを行ってもらえる場合もありますので、相談してみましょう。施術時間は数分から数十分ほどです。注射後、赤みや腫れが出る場合もありますので、患部を冷やしていきます。施術が終われば、メイクを行うこともできます。しかし、硬いものを食べることは避けるようにしましょう。